さかなラボ+

Your awesome Tagline

1 リアクション

京都水族館、気になる中身はといいますと、ペンギンやイルカゾーン、アザラシ、オットセイなど水族館の人気者ゾーンはもちろんのこと、京都の希少生物や日本の原風景「棚田」の再現、京都の川に棲む生物紹介、京の海など京都にまつわるゾーンがあることが特徴といえます。
おすすめ情報満載の京都観光サイト『京都いいとこウェブ』│辰年の正月・初詣情報盛り沢山! - 京都水族館3月14日オープン!

1 リアクション

「ゴジ」と呼ばれる食味のよくないカツオは、学術上は「イシガツオ」とよび、1986年春頃に静岡県や福島県沖で大発生して問題になったことから、詳細な調査が行なわれています。

 http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/conte …

 これによると、残念ながら「外見では判別しにくい」という結果になっているようですね。

カツオが生臭い - 素材・食材 - 教えて!goo

0リアクション

ゴジとは遠州地方(静岡県西部)でよく使われる方言で、死後硬直の変性です。ゴリゴリした食感で、生くさく、大変まずい。熱を与えて、土佐作り風にしてごまかす人も多いですが、一度ラップしてから、冷凍してみてください。そして、また解凍すると、少し色落ちしますが、「ゴジ」ではなくなっている筈です。冷凍カツオに「ゴジ」って少ないでしょ。
ツナプラウドのまぐろ便り

0リアクション

「ゴリ」って言うんですか。
こちらの方では、「ゴジ」って言ってます。
このカツオは、捌くときに分かりますね。
身の色は、なんとなく紫色のような感じですし、なんとなく硬いです。
もちかつお

1 リアクション

静岡では『石カツオ』と言っています。 1.5kg以下の伊豆列島沿いに上って来る群れに入っているようです。 私の知見では餌が影響しているようです。日本の近海へ来て、アミやシラスを一杯食べると無くなるようです。今年は10年ぶりに黒潮が大蛇行し様子が変っていますが、静岡の引き縄漁(御前崎沖)では、この連休前までは『石カツオ』がかなり混じっていましたが、連休後は少なくなつてきました。 巻き網に少なく、一本釣りに多いと言われていますが、餌を一杯食べた魚は釣りでは漁獲されにくいが、巻き網では関係なく漁獲されてしまう、このあたりにも原因があるのではないでしょうか。 2kg以上の魚ではほとんど見られないことから、買うのはこのサイズでしょう。
このなかで特に重要なのは、餌が原因の可能性があるということだと思います。
「ゴリ」が発生しているときは、その日のそのメーカーさんの商品がほとんど「ゴリ」であることからしても、漁場が原因なのも考えられます。
知り合いの荷受さんが言うには、漁場の水温が原因とも言われているみたいです。
しかし、現在私が調べている範囲では真意はわかりません。。。
詳しくレスしてくださる専門家のかたがおられましたら、フォローをお願い致します。

カツオ漁法の優劣について

高知ではゴリカツオ

静岡では石カツオ

1 リアクション

戻り鰹が こってりと濃厚な味わいがあるのに対して、紀州の初鰹は魚体が若く、 さっぱりとしていて爽やかな春風を感じさせる味わいがあります。

 又、戻り鰹の時期より一本一本の固体差(当たりとハズレの違い)が大きく、 モチ鰹と呼ばれ餅のように歯にまとわりつく独特の食感で至高の味わい があるものから、ゴリ鰹と呼ばれ身が石のようにゴリゴリ硬く、しかも独特の臭みがありとてもじゃないけど 生で食べられないものまで存在します。

春一番!紀州の鰹、もち鰹

1 リアクション

鰹をさばくとき一番大切なことは、地元で「ごし」と呼ばれる鰹を見分けることです。鰹にはいくら鮮度がよくても、「おいしくない、臭い」という鰹があります。これを「ごし」といいます。この「ごし」は、姿だけではどんなベテランの魚屋さんでも発見できません。生の鰹をさばいて初めて分かるという厄介者です。
黒潮工房~鰹のたたきが旨い!~

1 リアクション

特に初鰹は目利きが難しいと言われています。同じ時期に同じ場所で採れたものでも個体差で脂質、味に バラツキがあるようです。また、ゴリと言われるなぜか硬くてまずい魚体もあります。それがなかなか外見からでは 判断できません。この点も最近の初鰹の評判を落とす原因かもしれません。

かつお(鰹) - 食材事典

なぜ身の堅いゴリカツオというのがいるのか、よくわかっていない